島根原発3号機

7月議会の最初と最後に、島根原発3号機の新規制基準適合性審査申請の事前報告ついての全員協議会がありました。

皆さんもご存知の通り、米子市長は審査申請を認める結論を出し、鳥取県に報告し、鳥取県も審査申請を認めました。そして、中国電力は審査申請をしました。

この審査申請は、当然、3号機稼働に向けたものです。原発を動かしてもいいのかどうかも問われた問題です。本当に認めてもよかったのでしょうか。

今や、自然現象については、これまでの常識が通用しなくなっています。西日本豪雨災害もそうですし、気温の上昇も災害レベルであると言われています。熊本地震の時も、本震が後で来るという、これまでの常識を覆すものでした。

そう考えると、島根原発も対策が十分してあると言っても、万が一を考えないといけません。さらには、津波で島根原発が重大事故を起こし、広範囲に放射能が広がった場合、弓浜地区などは、津波で、深刻な被害を受け、車も、電車も使えない。すぐに避難なんてできなくなる。

お金では取り戻せないものも失ってしまいます。

それでも、島根原発を動かしていいのか。

それを、住民の皆さんに納得していただくには、中国電力には誠実に対応してもらうしかないのではないでしょうか。

事前了解権を含む安全協定を早く結んでもらう。30キロ圏内の住民の方々には、中国電力の責任ある立場の方々が、一軒一軒、説明会の案内をするか説明して回る。原発によって、すべてを失う危険性があるんです。本当ならそれくらいしないといけないのではないでしょうか。

ところが、中国電力は、そんな誠実な対応を見せることなく、いつまでたっても、事前了解権を安全協定に含めず、「立地自治体と同様な対応をする」と言いながら、「米子市がNOと言えば、原発は動かさないのか」と聞くと、「そのようなことが無いように対応していく」としか言わない。こんな態度では、納得する人は増えません。

原発のことについて、多くの米子市民が、中国電力に対し、不信感を持ち、不誠実だと感じています。このような現状のなかでは、米子市としては、中国電力の島根原発3号機の新規制基準適合審査申請の事前報告に対し、申請手続きを認めるべきではなかったと考えます。

7月議会が終わりました

議員となって初めての議会が、昨日、終わりました。

初めてで慣れないこともあり、また、全員協議会、本会議、委員会と、発言できる場面では、ほとんど発言させていただいたこともあり、すごい疲れました。

今、私にできることは精一杯やれたと思います。今後も、市民の声を市政に届け、市政へのチエックがしっかりできるよう頑張ります。

これからしばらくは、今回の議会の内容をブログに載せていこうと思いますので、よろしくお願いします。

米子市議会:20日、又野議員質問

改選後初の米子市議会7月定例会は、17日(火)から質問戦が始まります。1から3議席に躍進を果たした日本共産党市議団の3人の議員は、3日目の20日(金)、1番・石橋よしえ、2番・又野史朗、3番・岡村えいじの順で連続して質問に立ちます。午前10時からです。ぜひ議会傍聴にお出かけください。今議会で質問する全21議員の質問項目をご紹介します。

又野議員質問項目

1産業廃棄物処分場建設計画の中止を求めて
(1)米子市独自での調査、研究、指導を
(2)豊かな自然、おいしい水、おいしい空気を守る
2農業支援について
(1)米子の産業の活性化
(2)米子市民の健康、命を守る
3ごみ袋代の引き下げについて
(1)米子市民から見たごみ袋代
(2)ごみ袋代の引き下げへの努力を
4通学路の防犯灯、街路灯について
(1)暗くて危険な通学路に防犯灯、街路灯の設置を

豪雨災害支援物資

このたびの豪雨災害で亡くなられた方とそのご家族に、心からお悔やみを申し上げます。また、被災された方々に心からお見舞いを申し上げます。

昨日、日本共産党鳥取県西部地区委員会は、被害の大きかった地域の岡山県倉敷地区委員会に支援物資と募金を届けました。一日も早い復興を心から願っております。

さて、今日から米子市議会が始まります。

住民の健康、暮らし、福祉を守るため頑張ります。

米子市民レガッタ

昨日、米子市民レガッタがありました。

これまで、20年間くらい米子市役所の仲間と市民レガッタに参加してきましたが、今年は、市議選があり、レガッタの準備できなかったので、応援だけとなりました。時々、雨が降る天気でしたが、50回記念大会ということで、日本大学・立教大学・明治大学のエキシビションレースなどがあり、盛り上がりました。

その中で、米子出身で、今、明治大学で大活躍されている、高島美晴選手と出会うことが出来ました。

(真ん中が高島選手、左は高島選手のお母さん)

このあとはポーランドに行き、U23世界選手権に出場されるとのことで、世界で大活躍されています。

高島選手のエネルギーを感じることができ、私も、頑張るぞ! と改めて決意しました。

高島選手、世界ではばたけ!

当選をはたすことができました

先日の米子市議会議員選挙におきまして、当選をはたすことができ、日本共産党の議席も3議席へと躍進させていただきました。

皆様の期待に応え、この議席を力に、産業廃棄物処分場の建設計画ストップ、地元の農業・中小企業支援、公共交通機関の充実、ゴミ袋代の引き下げなど、公約実現のためがんばります。

みんなの願いを米子市政に

昨年暮れに、日本共産党が米子市民の多くの方に、「住みよい米子市をつくろう」アンケートをおこなったところ、ゴミ袋代の負担が大きいという声がたくさんありました。そこで、調べてみたところ、米子市のゴミ袋代が鳥取県内で一番高いことが分かりました。多くの市民が負担に思っていて、実際に鳥取県内で一番高いのなら、安くする努力をするべきだと考え、ゴミ袋代引き下げの署名を集め、ゴミ袋代の引き下げを訴えます。

このような活動をしているのは、日本共産党だけだと思います。みなさんの思いを聞き市政に届ける活動ができることを誇りに思います。

さらには、その財源も考えています。米子駅南北自由通路にともなう事業で、米子市は約60億円もの税金を投入しようとしていますが、これには、市民の皆さんの意見が分かれています。皆さんの意見が分かれているこのような事業を見直せば、十分、財源が確保できるのではないでしょうか。

財源も考えて訴えることのできる、日本共産党の又野史朗をよろしくお願いします。

米子を元気に

米子の元気、活気がなくなったという声が、たくさんあります。

米子の元気を取り戻すにはどうしたらいいのでしょうか?

地方経済の活性化ということで、よく企業誘致ということが言われます。確かに、企業誘致、一時的に雇用は確保されますが、儲けのほとんどは本社のほう、主に東京や大阪のほうにいってしまうため、実際の経済効果はほとんど無いと言われています。企業誘致にお金を使うよりは、地元の中小企業を支援し、地元の中小企業に大きくなってもらい、雇用を確保してもらったほうが、何倍も経済効果があるのではないでしょうか。

地元の中小企業、町の業者さんに元気になってもらい、土台から米子を元気にする。このことが必要であると、私は考えます。

大阪で大きな地震がありました

今朝、大阪で大きな地震がありました。

被害にあわれた方々に、心よりお見舞いを申し上げます。

最近、本当に地震が多くなっているように感じます。ひとたび事故が起きると、大変な事態を引き起こす、原発は稼働すべきでないと考えますが、みなさんはどうお考えでしょうか?

私は、今日も一日全力で、演説活動を行いました。

今回の市議会議員選挙の政策では、農業支援を訴えています。

日本の食糧自給率は下がり続けています。そして、外国からの農産物の輸入がどんどん増えています。外国からくる農産物は、私たちの口に届くまで時間がかかるので、腐ったり、虫がついたりしないように大量の農薬が使われています。それに比べれば、地元でとれる農産物はそのような農薬を使う必要はほとんどありません。子どもたちや孫たち、次の世代にも、引き続き、おいしくて安全な地元の農産物を食べていってほしい。そのためには、農業を支援し、農業を魅力ある仕事にしていく必要があるのではないでしょうか。

そして、それは農家だけの問題ではありません、おいしくて安全な農作物が、食べていけれるかどうかは、私たちみんなの健康や命にかかわってきます。新鮮な農産物は宝です。地元の農業を大事にしていくことは、私たち自身を大事にしていくことにつながると私は考えます。